由来(読み)ユライ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐らい【由来】

[名](スル)物事がそれを起源とするところ。また、物事が今までたどってきた経過。来歴。由緒。いわれ。「伝説に由来する地名」「神社の由来を調べる」
[副]昔からそのようであるさま。もともと。元来。
「すると、才媛は―多情なものと見えますね」〈風葉青春
[アクセント]はユライライ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆらい【由来】

[0] ( 名 ) スル
物事がいつ、何から起こり、どのようにして現在まで伝えられてきたかということ。また、その起源・歴史。いわれ。来歴。 「家宝の-を語る」 「遠くギリシャに-する建築様式」
[1] ( 副 )
もともと。本来。 「蕎麦の延びたのと、人間の間が抜けたのは-頼母たのもしくないもんだよ/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由来の関連情報