由来(読み)ゆらい

精選版 日本国語大辞典「由来」の解説

ゆ‐らい【由来】

[1] 物事が、それをもとにして現われ出ること。また、そのよってきたところ。ことの起こり。いわれ。来歴緒。
※今昔(1120頃か)四「多の大衆集り畢ぬれば、優婆崛多、此の弟子の比丘の由来を一々に語り給ふ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「自心に苦悩が有る時は、必ずその由来する所を自身に求めずして他人に求める」 〔易経‐坤卦文言〕
[2] 〘副〙 以前からその状態であることを表わす。元来。もともと。昔から。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「何背国神他神乎。由来不此事矣」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「蕎麦の延びたのと、人間の間が抜けたのは由来頼母しくないもんだよ」 〔楊炯‐夜送趙縦詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「由来」の解説

ゆ‐らい【由来】

[名](スル)物事がそれを起源とするところ。また、物事が今までたどってきた経過。来歴。由緒。いわれ。「伝説に由来する地名」「神社の由来を調べる」
[副]昔からそのようであるさま。もともと。元来。
「すると、才媛は―多情なものと見えますね」〈風葉青春
[アクセント]はユライ、はライ。
[類語]いわれ由緒来歴故事縁起歴史沿革変遷道程歴程足跡そくせき歩み年輪因縁来由成り立ちルーツ始まる因る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「由来」の解説

【由来】ゆらい

来歴。原因。また、元来。〔易、坤、文言伝〕にして其の君をし、子にして其のするは、一一夕の(こと)に非ず。其の由りて來(きた)る、漸(ぜん)(次第)あり。

字通「由」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ビッグテック

世界で支配的な影響力をもつ巨大IT企業の総称。一般に、米国のGAFAガーファまたはGAFAMガーファムとよばれる企業群を指す。テックジャイアント。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android