由来(読み)ユライ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐らい【由来】

[名](スル)物事がそれを起源とするところ。また、物事が今までたどってきた経過。来歴。由緒。いわれ。「伝説に由来する地名」「神社の由来を調べる」
[副]昔からそのようであるさま。もともと。元来。
「すると、才媛は―多情なものと見えますね」〈風葉青春
[アクセント]はユライライ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆらい【由来】

[0] ( 名 ) スル
物事がいつ、何から起こり、どのようにして現在まで伝えられてきたかということ。また、その起源・歴史。いわれ。来歴。 「家宝の-を語る」 「遠くギリシャに-する建築様式」
[1] ( 副 )
もともと。本来。 「蕎麦の延びたのと、人間の間が抜けたのは-頼母たのもしくないもんだよ/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐らい【由来】

[1] 物事が、それをもとにして現われ出ること。また、そのよってきたところ。ことの起こり。いわれ。来歴。由緒。
※今昔(1120頃か)四「多の大衆集り畢ぬれば、優婆崛多、此の弟子の比丘の由来を一々に語り給ふ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「自心に苦悩が有る時は、必ずその由来する所を自身に求めずして他人に求める」 〔易経‐坤卦文言〕
[2] 〘副〙 以前からその状態であることを表わす。元来。もともと。昔から。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「何背国神他神乎。由来不此事矣」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「蕎麦の延びたのと、人間の間が抜けたのは由来頼母しくないもんだよ」 〔楊炯‐夜送趙縦詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由来の関連情報