コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰吹き銀 ハイフキギン

デジタル大辞泉の解説

はいふき‐ぎん〔はひふき‐〕【灰吹き銀】

灰吹き法によって精錬された銀。銀地金として取引されたが、元禄年間(1688~1704)以降は銀貨幣の素材として利用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいふきぎん【灰吹き銀】

灰吹き法で精錬した銀。室町中期以降、銀地金ぎんじがねとして用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灰吹き銀の関連キーワード花降り銀灰吹き石州銀石見銀

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android