コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰吹き銀 ハイフキギン

デジタル大辞泉の解説

はいふき‐ぎん〔はひふき‐〕【灰吹き銀】

灰吹き法によって精錬された銀。銀地金として取引されたが、元禄年間(1688~1704)以降は銀貨幣の素材として利用された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいふきぎん【灰吹き銀】

灰吹き法で精錬した銀。室町中期以降、銀地金ぎんじがねとして用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報