コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無主物 ムシュブツ

デジタル大辞泉の解説

むしゅ‐ぶつ【無主物】

所有者のない物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むしゅぶつ【無主物】

現にだれの所有にも属さない物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無主物の言及

【遺失物】より

…以上の手続を踏まず,拾得者が不法に遺失物の占有を取得した場合には,遺失物横領罪に問われ,1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料に処せられる(刑法254条)。なお,所有者が所有権放棄の意思の下で放置した物(無主物という)は遺失物ではなく,もちろん,これを取り込んでも本罪は成立しない(民法239条参照)。なお,他人から動産を買った場合,それが遺失物(および盗品)であることが判明すれば,遺失主からの返還請求に2年間は応じなければならない。…

※「無主物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

無主物の関連キーワードパルマス島事件無主物先占狩猟儀礼水産資源原始取得先占取得所有権所有者漁業所有先占

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android