コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無配転落 むはいてんらく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

無配転落

前の期は配当があったが、今期は無配になること。これまで配当金を定期的に支払ってきた企業が、業績悪化などを理由に配当を取りやめること。企業は決算を迎えて、その決算年度に一定の利益が出た場合、利益の一部を株主に対して「配当金」というかたちで支払うが、企業業績が低迷し、赤字などが生じた場合は、「無配」と言って配当金が支払われないことがある。これまで配当金を定期的に支払ってきた企業が、業績悪化などを原因に無配になることを「無配転落」という。無配転落は悪材料の1つで、株価も下落する傾向が強まる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無配転落の関連情報