コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無配転落 むはいてんらく

2件 の用語解説(無配転落の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

無配転落

前の期は配当があったが、今期は無配になること。これまで配当金を定期的に支払ってきた企業が、業績悪化などを理由に配当を取りやめること。企業は決算を迎えて、その決算年度に一定の利益が出た場合、利益の一部を株主に対して「配当金」というかたちで支払うが、企業業績が低迷し、赤字などが生じた場合は、「無配」と言って配当金が支払われないことがある。これまで配当金を定期的に支払ってきた企業が、業績悪化などを原因に無配になることを「無配転落」という。無配転落は悪材料の1つで、株価も下落する傾向が強まる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無配転落の関連情報