コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無配転落 むはいてんらく

2件 の用語解説(無配転落の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

無配転落

前の期は配当があったが、今期は無配になること。これまで配当金を定期的に支払ってきた企業が、業績悪化などを理由に配当を取りやめること。企業は決算を迎えて、その決算年度に一定の利益が出た場合、利益の一部を株主に対して「配当金」というかたちで支払うが、企業業績が低迷し、赤字などが生じた場合は、「無配」と言って配当金が支払われないことがある。これまで配当金を定期的に支払ってきた企業が、業績悪化などを原因に無配になることを「無配転落」という。無配転落は悪材料の1つで、株価も下落する傾向が強まる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無配転落の関連キーワード配当復配無配今期追加配当不成績無配当昨期準有配当保険無配当保険

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無配転落の関連情報