無配(読み)むはい

ASCII.jpデジタル用語辞典「無配」の解説

無配

配当をしないこと。企業が赤字になったり利益がない場合など、当を出せずに、無配当になることを指す。企業業績や会社の経営方針などにより、配当が出ないこと。前の期には配当があったが、今期は無配になってしまうことを「無配転落」と呼び、逆に前の期まで配当がない、無配状態だったが、今期は配当を実施する際には「復配」と呼ばれる。無配転落企業の株価は低迷するが、復配企業の株価は堅調に推移することが多い。優良株物色相場の時には無配株は敬遠されがちで、逆に市場全般に手詰まり感が出た場合は、無配株が突如高くなるケースもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報