煙感知器(読み)ケムリカンチキ

デジタル大辞泉「煙感知器」の解説

けむり‐かんちき【煙感知器】

を感知して出火を知らせる器具

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の煙感知器の言及

【防火】より

…このため,火災の発生をいちはやく人に知らせ,初期消火,消防署への通報等で被害を減らそうとする設備が火災感知器である。火災により発生する熱,煙のどちらを感知するかにより構造的に熱感知器と煙感知器の2種類に分かれ,一般に煙感知器のほうが,熱容量の影響を受ける熱感知器より作動時期が早いといわれている。感知器の感度は高いほうが早期に火災を発見できるが,日常生活にはストーブからの発熱,会議室での喫煙など火災初期と類似の現象が多く,感度を上げると非火災報(火災でないのに感知器が作動すること)が増えるなど,早期発見と日常の利便さとが相反する結果となる。…

※「煙感知器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android