コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃焼器 ネンショウキ

デジタル大辞泉の解説

ねんしょう‐き〔ネンセウ‐〕【燃焼器】

ガスタービンなどで、圧縮された空気中に燃料を噴霧して連続燃焼させ、高温ガスを得る装置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

燃焼器の関連キーワードジェットエンジンガスタービン発電ブンゼンバーナーブンゼンバーナこんろ(焜炉)パルスジェット家庭環境と健康オイルバーナー開放型燃焼器具ガスタービン分散強化合金バイパス比ガスコンロ火災保険バーナー石油焜炉燃焼装置ファイド内燃機関飛行機

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android