片端から(読み)かたっぱしから

精選版 日本国語大辞典「片端から」の解説

かたっぱし‐から【片端から】

〙 (「かたっぱし」に、助詞「から」のついた語。「かたっぱじから」とも)
① 端の方からつぎつぎと。手当たり次第に。つぎつぎと。かたっぱし。
※咄本・鯛の味噌津(1779)角力「大寒、小寒、八専等、かたっはじからひろいなげにあいける所へ」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉二三「友達を片端(カタッパシ)から批評し始めた」
② 端のほうまで全部。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉四「言葉が英吉利のやうだがかたっぱしから黒ン坊ばかりだぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android