コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧村兵部 まきむら ひょうぶ

朝日日本歴史人物事典の解説

牧村兵部

没年:文禄2.7.10(1593.8.6)
生年:天文14(1545)
安土桃山時代キリシタン大名,茶人。政治,兵部大輔,長兵衛,利貞とも称した。父は稲葉重道。のち牧村政倫の後嗣となる。初め織田信長に仕え,天正12(1584)年,豊臣秀吉馬廻衆となる。同年,高山右近の勧めで入信。茶の湯に堪能で,利休七哲のひとり。天正8年にはのちに流行するユガミ茶碗(変形茶碗)をいち早く使用した茶会を行っていたことが知られる。同18年伊勢の内で2万石余を給せられ伊勢岩出城主。文禄1(1592)年,舟奉行として名護屋に従軍。のち朝鮮に出兵(文禄の役)して同地で病没した。

(谷端昭夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

牧村兵部の関連キーワード牧村政治

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android