コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物打ち モノウチ

デジタル大辞泉の解説

もの‐うち【物打ち】

太刀(たち)などで物を切るとき、その物に触れて、最もよく切れる部分。先端から10センチほどの部分。切っ先三寸。ものうちどころ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものうち【物打ち】

太刀などで物を打ち切るとき、その物に触れる部分。刀の先端10センチメートルほどの、最もよく切れる部分。切っ先三寸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

物打ちの関連情報