三寸(読み)サンズン

デジタル大辞泉の解説

さん‐ずん【三寸】

1寸の3倍。かね尺で約9.1センチ。鯨尺で約11.4センチ。
3寸くらいのもの。また、短いもの、薄いものなどのたとえ。「舌先三寸」「胸三寸
《売る台の長さ1尺3寸の1尺を略していう》香具師(やし)の一種。祭日や縁日に、品物を台にのせ、口上を述べて売る大道商人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんずん【三寸】

一寸の三倍の長さ。また、短いこと、薄いこと、などのたとえ。 「胸-」 「舌先-」
〔一尺三寸の台に並べて売ったことから〕 小間物・菓子などを売った大道商人。
遊里で、最下級の女郎。一夜を三つに分け、一切りの揚げ代が三匁であった。三寸局つぼね。 「半領の女、-といふ/浮世草子・元禄太平記」
[句項目] 三寸の舌 三寸の見直し

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐ずん【三寸】

〘名〙
① 一寸(約三・〇三センチメートル)の三倍の長さ。約九・〇九センチメートル。
※竹取(9C末‐10C初)「筒の中ひかりたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり」
② 物の短いことのたとえ。→三寸の舌
③ 脛骨の、足の甲から①の長さほど上のところ。内側と外側とで、内三寸、外三寸という。〔俚言集覧(1797頃)〕
④ (「胸三寸」の意から) 胸のこと。
雑俳柳多留‐一四四(1836)「三寸を見ぬいて渡す九寸五分
⑤ (「のど三寸」の意から) のどのこと。→三寸息絶ゆ
⑥ (「舌先三寸」の意から) 舌のこと。
※雑俳・柳多留‐三六(1807)「三寸と六字はもへぬ御宝物(ごほうもつ)
⑦ (昔は一尺三寸(約四〇センチメートル)の台に並べて売ったところから、「一尺」を略していう) 香具師(やし)の一種。祭日や縁日に小間物・おもちゃ・飴・菓子などを台の上に並べ、口上を述べて売る大道商人。
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)大切「三寸(ズン)を張る商人(あきんど)が、一月毎に多くなり」
⑧ (臍下三寸にあるものの意から) 女陰の俗称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三寸の関連情報