コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三寸 サンズン

デジタル大辞泉の解説

さん‐ずん【三寸】

1寸の3倍。かね尺で約9.1センチ。鯨尺で約11.4センチ。
3寸くらいのもの。また、短いもの、薄いものなどのたとえ。「舌先三寸」「胸三寸
《売る台の長さ1尺3寸の1尺を略していう》香具師(やし)の一種。祭日や縁日に、品物を台にのせ、口上を述べて売る大道商人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんずん【三寸】

一寸の三倍の長さ。また、短いこと、薄いこと、などのたとえ。 「胸-」 「舌先-」
〔一尺三寸の台に並べて売ったことから〕 小間物・菓子などを売った大道商人。
遊里で、最下級の女郎。一夜を三つに分け、一切りの揚げ代が三匁であった。三寸局つぼね。 「半領の女、-といふ/浮世草子・元禄太平記」
[句項目] 三寸の舌 三寸の見直し

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三寸の関連キーワード下種の一寸のろまの三寸粥掻き棒・粥搔き棒馬込三寸にんじん鶯舌・鴬舌伸る・反る竹葉舎杜若間竿・間棹浮世草子三寸模様木村愛子久保孝真舌先三寸三寸不律がらり一寸戸かね尺忘れ緒太平広裾付き三寸釘

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三寸の関連情報