コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三寸 サンズン

デジタル大辞泉の解説

さん‐ずん【三寸】

1寸の3倍。かね尺で約9.1センチ。鯨尺で約11.4センチ。
3寸くらいのもの。また、短いもの、薄いものなどのたとえ。「舌先三寸」「胸三寸
《売る台の長さ1尺3寸の1尺を略していう》香具師(やし)の一種。祭日や縁日に、品物を台にのせ、口上を述べて売る大道商人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんずん【三寸】

一寸の三倍の長さ。また、短いこと、薄いこと、などのたとえ。 「胸-」 「舌先-」
〔一尺三寸の台に並べて売ったことから〕 小間物・菓子などを売った大道商人。
遊里で、最下級の女郎。一夜を三つに分け、一切りの揚げ代が三匁であった。三寸局つぼね。 「半領の女、-といふ/浮世草子・元禄太平記」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三寸の関連情報