コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定中型自動車 トクテイチュウガタジドウシャ

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐ちゅうがたじどうしゃ【特定中型自動車】

中型自動車のうち、車両総重量が8トン以上、最大積載量が5トン以上、乗車定員が11人以上のもの。
[補説]平成16年(2004)の道路交通法改正で中型自動車の区分が新設される以前は大型自動車に分類されていた車両で、貨物用のものは特定中型貨物自動車、乗用のものは特定中型乗用自動車と呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

特定中型自動車の関連キーワード特定中型車補説

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android