特定中型自動車(読み)トクテイチュウガタジドウシャ

デジタル大辞泉「特定中型自動車」の解説

とくてい‐ちゅうがたじどうしゃ【特定中型自動車】

中型自動車のうち、車両総重量が8トン以上、最大積載量が5トン以上、乗車定員が11人以上のもの。
[補説]平成16年(2004)の道路交通法改正で中型自動車の区分が新設される以前は大型自動車に分類されていた車両で、貨物用のものは特定中型貨物自動車、乗用のものは特定中型乗用自動車と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android