コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中型自動車 チュウガタジドウシャ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうがた‐じどうしゃ【中型自動車】

道路交通法による自動車の区分の一つで、車両総重量5トン以上11トン未満、最大積載量3トン以上6.5トン未満、乗車定員11人以上29人以下の四輪車
[補説]平成16年(2004)の道路交通法改正で、それまでの大型自動車普通自動車の間に新設された区分(施行は平成19年から)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうがたじどうしゃ【中型自動車】

道路交通法で、特殊自動車・自動二輪車以外で車両総重量5トン以上11トン未満、または最大積載量3トン以上6.5トン未満、または乗車定員一一人以上三〇人未満の自動車をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中型自動車の関連キーワード現代自動車[会社]MIU(立花美優)トクナガクニハル特定中型自動車わっしー教授とんとろとん鮎川まゆ美持田加奈子魚谷貴世志中村無何有特殊自動車特定中型車田嶋真弓冴木一夏酒井康行和泉大輔前野朋哉小川ガオ沼口麻子吉田利佐

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中型自動車の関連情報