コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野栄信 かのう ながのぶ

美術人名辞典の解説

狩野栄信

江戸後期の画家。木挽町狩野家第六代。養川院惟信の子。栄信は名、玄賞斎と号する。狩野派近世の名手で、のち法印に進み、伊川院と称した。文政11年(1828)歿、54才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野栄信

没年:文政11.7.4(1828.8.14)
生年:安永4.8.30(1775.9.24)
江戸後期の画家。伊川院,玄賞斎と号した。狩野養川院惟信の子として江戸に生まれ,木挽町狩野家の8代目。享和2(1802)年に法眼,文化13(1816)年に法印となる。作例に「草花群虫図」(東京国立博物館蔵)や「平家物語図」(板橋区立美術館蔵)がある。<参考文献>田島志一編『東洋美術大観』5巻

(仲町啓子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

狩野栄信 (かのうながのぶ)

生年月日:1775年8月30日
江戸時代後期の画家。木挽町狩野家の8代目
1828年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

狩野栄信の関連キーワード狩野伊川生年月日古画備考