狩野伊川(読み)かのう いせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野伊川 かのう-いせん

1775-1828 江戸時代後期の画家。
安永4年8月30日生まれ。狩野惟信(これのぶ)の長男。文化5年(1808)父の跡をうけ,木挽町(こびきちょう)狩野家をつぐ。13年法印となった。江戸城障壁画や朝鮮に贈呈する屏風を制作。大和絵の技法にも通じ,古今の絵画の模写にも力をそそぐなど,木挽町狩野家の黄金期をささえたひとりである。文政11年7月4日死去。54歳。名は栄信(ながのぶ)。別号に玄賞斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android