コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿股引 サルモモヒキ

1件 の用語解説(猿股引の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さる‐ももひき【猿股引】

さるまたの別称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の猿股引の言及

【さるまた(猿股)】より

…明治以降,洋装への転化によってそれまでの褌からさるまたへと一般化した。語源は明治時代にできた言葉で,マタシャレという袴の一種を逆さに言ったという説と,一部の地方で使われていたキャルマタという言葉から出たという説があるが,猿股引(さるももひき)の略語としてすでに江戸時代に使われていた。猿股引は防寒や労働のための各種の股引のなかで,膝下1~2寸ほどの最も短いもの。…

【裁付】より

…山袴(やまばかま)の一種で,膝から下がぴったりしたもの。裁着,立付とも書く。前布,後ろ布合わせて4枚と四角い襠(まち)で作られる。前布の下方を膝下に合わせて筒状に縫ってぴったりさせ,そのあと後ろ布や襠を縫い合わせるため後ろ布は前布の2/3程度しかないが,腰回りはゆったりとして動きやすく暖かで下半身を保護する。材料はかつては皮革,藤布,麻が用いられたが,明治以降は紺や黒無地,縞の木綿が多い。男子用には前布の襠つけ部分に12cmくらいの開口部がつけられている。…

※「猿股引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone