コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄能石状温泉華 げんのういしじょうおんせんかthinolitic tufa

岩石学辞典の解説

玄能石状温泉華

玄能石(thinolite)の柱状結晶からなる石灰質温泉華(tufa)で,玄能石はゲリュウサイト(gaylussite)の仮晶と考えられたことがある.米国ネヴァダ州北西部で現在消滅したラホンタン(Lahontan)湖の渚部分の砂漠盆地に産出する[Russell : 1885, Pettijohn : 1975].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

玄能石状温泉華の関連キーワード玄能石

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android