コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉サボテン タマサボテン

デジタル大辞泉の解説

たま‐サボテン【玉サボテン】

サボテン科植物のうち、茎が球状や短柱状をしているもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまサボテン【玉サボテン】

サボテン科エキノカクタス属の多肉植物。北米南部からメキシコの乾燥地に九種が生育する。茎は球状に肥大し、鋭い刺がある。近縁の別属で観賞用に栽培される小形・球状のものを含むこともある。エキノカクタス。金鯱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉サボテンの関連キーワード多肉植物メキシコ近縁金鯱

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android