コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王朝文学 オウチョウブンガク

デジタル大辞泉の解説

おうちょう‐ぶんがく〔ワウテウ‐〕【王朝文学】

平安時代の、特に宮廷女性を主たる書き手とする仮名文学。平安朝文学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうちょうぶんがく【王朝文学】

王朝時代、特に平安時代の、主に女性の手になる仮名文学の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

王朝文学の関連キーワードトムソン(Francis Thompson)サイデンステッカー唐紙(とうし)中村真一郎佐藤 謙三王朝時代花卉園芸中国文学堀 辰雄一条天皇塩田良平佐藤謙三今井源衛土佐光吉秦恒平堀辰雄陸奥紙紙屋紙和紙文選

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王朝文学の関連情報