生け作り/活け作り/生け造り/活け造り(読み)いけづくり

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いけづくり【生け作り/活け作り/生け造り/活け造り】

生きたままの魚の身を刺身に作り、頭・中骨・尾をそのまま元の形に置いて、その上に身を盛りつけた料理。鯛や鯉(こい)が代表的だが、魚以外にいかや伊勢えびを用いたものもいう。刺身になってもまだ動いていることも多く、その新鮮さを楽しむ。◇「生き作り」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android