コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活保護費

1件 の用語解説(生活保護費の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生活保護費

失業や病気などで生活に困った世帯に憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するために支給される。食費や衣服費、光熱水費などの生活扶助費や家賃などの住宅扶助費、医療扶助費などがある。「岡山市内に住む33歳と29歳の両親と4歳の子ども」という家族3人の標準モデル世帯では、生活扶助費が15万4870円、住宅扶助費が4万8千円を上限に支給。ほかに義務教育を受ける子どもがいれば給食費などの教育扶助費も支給される。保護費の負担割合は国が4分の3、自治体が4分の1。

(2013-06-25 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活保護費の関連キーワード補助事業義務教育費国庫負担制度四分三位一体改革の収支自治体財政の4指標子どもの医療費助成直轄事業の地方負担生活保護申請の運用改定メガソーラー構想

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生活保護費の関連情報