コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田舎の学問より京の昼寝 イナカノガクモンヨリキョウノヒルネ

1件 の用語解説(田舎の学問より京の昼寝の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

田舎の学問より京の昼寝

田舎で一人で学問しているよりは、たとえ昼寝をしても、都会に出れば他人と交わらざるを得ず、そのことが人を鍛えるという意味である。田に囲まれた田が最良の田であるという「人は人中、田は田中」も同義。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田舎の学問より京の昼寝の関連キーワード一人前独吟田舎紳士田舎立つ村里野巫田舎歌財布の紐を頸に懸けるよりは心に懸けよ一人相撲田舎で働き隊!

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone