見聞(読み)ケンブン

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぶん【見聞】

[名](スル)実際に見たり聞いたりすること。また、それによって得た経験・知識。けんもん。「見聞を広める」「実地に見聞する」

けん‐もん【見聞】

[名](スル)けんぶん(見聞)」に同じ。
「人間の同情に乏しい実行も大分―したが」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんぶん【見聞】

( 名 ) スル
実際にみたりきいたりすること。また、それで得た経験・知識。けんもん。 「私が-したところと大分ちがう」 「 -を広める」

けんもん【見聞】

〔「もん」は呉音〕
けんぶん(見聞)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐ぶん【見聞】

〘名〙 見たり聞いたりすること。また、そうして得た知識。見たり聞いたりしての評判。みきき。けんもん。
※東帰集(1364頃)次韻酬衡侍者「万事蕭条離見聞。乾坤容我謝明君
※評判記・色道大鏡(1678)三「世間の見聞(ケンブン)をもって、主人よりいひわたす事也」 〔鬼谷子‐符言〕

けん‐もん【見聞】

〘名〙 (「もん」は「聞」の呉音) 見聞きすること。けんぶん。みきき。
※観智院本三宝絵(984)下「若遙見聞随喜能喜人心
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「御所望とござるなら見聞(ケンモン)の一と通りおん物語り仕らん」

みえ‐きこ・ゆ【見聞】

〘自ヤ下二〙
① 見えたり聞こえたりする。
源氏(1001‐14頃)蛍「しいでたるわざ、いひいでたる事のなかに、げにとみえきこゆることなき、いと見おとりするわざなり」
② 見受けられ、また、評判になる。
※たまきはる(1219)「おどろおどろしくみえきこえしかど」
③ (上代の受身の助動詞「ゆ」の意が残っているもの) 見られたり聞かれたりする。
※源氏(1001‐14頃)手習「なかなかいふかひなきさまをみえきこえ奉らむは、猶つつましくぞありける」

み‐きき【見聞】

〘名〙 見たり聞いたりすること。けんぶん。
※諺苑(1797)「見聞(ミキキ)も功学」

み‐き・く【見聞】

〘他カ四〙 見、また、聞きもする。見たり聞いたりする。
※書紀(720)天武一〇年一一月(北野本訓)「随見随聞(ミキカむまま)に、匿蔽(かく)すこと無くして糺弾す」
※右京大夫集(13C前)「あるふしぎことやと人のことをみききても思ひしかど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

見聞の関連情報