コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由利維平 ゆり これひら

2件 の用語解説(由利維平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由利維平 ゆり-これひら

由利八郎(ゆり-はちろう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

由利維平

没年:建久1.1.6(1190.2.12)
生年:生年不詳
平安末期の武将。通称八郎または中八郎。出羽国由利郡(秋田県)の領主で秋田城在庁を兼ねたとみられる。父祖以来の平泉藤原氏郎従で,武勇は東国まで知られていた。文治5(1189)年奥州合戦のとき,出羽・越後国境の念種関(念珠関,山形県)を防御したが,敗れて捕虜となった。『吾妻鏡』文治5年9月7日条の源頼朝幕下における維平訊問のひとこまは,鎌倉と平泉の関係や当時の武将像を活写した記事として有名。厚免により本宅を安堵されたが,大河兼任の乱に直面し,鎌倉幕府方として交戦,秋田城で戦死した。しかし,戦後に子息維久に由利郡地頭職が与えられるなど,鎌倉御家人由利氏の基盤を築いた人物である。

(遠藤巖)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由利維平の関連キーワード岡山正興お妻八郎兵衛鎮西八郎秋田県南秋田郡八郎潟町川口安倍則任平盛久野沢喜八郎(2代)野沢喜八郎(3代)野沢喜八郎(4代)松浦定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone