コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由利八郎 ゆり はちろう

1件 の用語解説(由利八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由利八郎 ゆり-はちろう

?-1190 平安後期-鎌倉時代の武士。
出羽(でわ)由利郡(秋田県)の豪族由利氏の一族。文治(ぶんじ)5年(1189)藤原泰衡(やすひら)の郎従として源頼朝軍とたたかい,捕虜となる。このとき梶原景時(かじわら-かげとき)の無礼な尋問に毅然として対応したという。ゆるされて本領を安堵されたが,文治6年1月6日大河兼任の乱に際して討ち死に。名は維平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の由利八郎の言及

【本荘[市]】より

…780年(宝亀11)設置とされる由利柵はその位置について諸説があるが,本荘市域内とみられる。鎌倉期,奥州清原氏の勢力下に入っていた豪族由利八郎がこの地の地頭職を得た。室町期には加賀美遠光の庶流が土着し,これを中心に由利十二頭と称する小土豪がこの地方一帯に分立し,対立抗争をくりひろげた。…

※「由利八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

由利八郎の関連キーワード板垣兼信宇佐美実政熊井忠基平忠幹平業忠藤原盛景本田次郎正恒(2)源仲頼(2)頼円(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone