甲寅字(読み)こういんじ

世界大百科事典内の甲寅字の言及

【印刷】より

…第2回の新鋳は1420年に行われ,その年の干支にちなんで〈庚子字〉と呼ばれた。これは小型であったが,34年には大型の〈甲寅字〉が鋳造された。36年(〈丙辰字〉),50年(〈庚午字〉),55年(〈乙亥字〉),65年(〈乙酉字〉)などに新鋳が行われ,最後には84年に〈甲辰字〉が鋳造された。…

※「甲寅字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android