コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛夫人字 えいふじんじWibuin-cha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛夫人字
えいふじんじ
Wibuin-cha

朝鮮の高麗,朝鮮王朝 (李朝) 期に使用した活字。朝鮮では高麗の高宗 (在位 1214~59) 時代に金属活字がすでに発明され,朝鮮王朝時代に入ってさらに大量に鋳造,利用された。太宗3 (1403) 年には鋳字所が設置され,銅活字の癸未 (きみ) 字を鋳造した。世宗 16 (34) 年には精巧な甲寅 (こういん) 字 (衛夫人字) がつくられ,宣祖朝以後,幾度もこの字体を改鋳,使用した。世宗 18 (35) 年には世界最初の鉛活字である丙辰 (へいしん) 字を鋳造した。壬辰の倭乱 (→文禄・慶長の役 ) によって,各種活字は大量に失われたが,その後,新たに多数の活字鋳造に努力し,書籍の普及に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone