コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異方的 いほうてき

デジタル大辞泉の解説

いほう‐てき〔イハウ‐〕【異方的】

物理量や物理的性質が、方向によって変わるさま。⇔等方的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の異方的の言及

【結晶】より

…その性質の測定値をベクトルで表せば,物質が均質であることは図1のように示される。物質の内部の任意の点Oにおいて,ある性質の測定値(例えば電気伝導度の値)が,図2のaやbのように方向によって異なるとき,その物質はその性質について異方的であるといい,cのようにそれが方向に無関係に一定しているとき,等方的であるという。 ともに異方的であっても,図のaとbとは互いに異なる。…

※「異方的」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

異方的の関連キーワードテレアニソトロピックキュリー温度物理量複屈折結晶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android