コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理量 ブツリリョウ

デジタル大辞泉の解説

ぶつり‐りょう〔‐リヤウ〕【物理量】

物理学で扱われる変数。長さ・質量・時間・電流などのや、それらの演算関係から定義される量。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶつりりょう【物理量】

物質系の物理的な性質・状態を表現する量。普通、一個の数値(スカラー)または一組の複数個の数値(ベクトル・テンソル)によって表され、その値は、用いる単位や座標系の選び方によって異なる。量子力学では、物理量は、数学的な線形演算子によって表される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

物理量の関連キーワードハイゼンベルクの運動方程式ランキンユゴニオの関係式シュレーディンガー表示バッキンガムのΠ定理指数法則(物理学)ハイゼンベルク表示スマートセンサーアナログ計算機オブザーバブルエルゴード仮説ガウス単位系アナログ信号次元(物理)ベクトル量センシングセンサーアナログ非定常流物理定数交換関係

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物理量の関連情報