コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畳一/重一 デッチ

デジタル大辞泉の解説

でっ‐ち【一/一】

双六(すごろく)で2個の采(さい)の目がともに一と出ること。
「次に参川房すすみて、―を打ちたりけり」〈著聞集・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

畳一/重一の関連キーワード被災者を悩ます仮設住宅の狭さ千利休(せんのりきゅう)起きて半畳寝て一畳武藤晃子松本優依松丸雅人石丸 寛神田正輝二畳台目水溜め京仏具上方舞一畳台釜ケ崎一畳僧堂長様長床

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android