コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今著聞集 ここんちょもんじゅう

6件 の用語解説(古今著聞集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今著聞集
ここんちょもんじゅう

鎌倉時代中期の説話集。橘成季 (たちばなのなりすえ) 著。 20巻。跋文によると建長6 (1254) 年成立。約 720話を収め,神祇,釈教,政道忠臣,公事,文学,和歌などの 30編に分け,年代順に配列。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ここんちょもんじゅう〔ココンチヨモンジフ〕【古今著聞集】

鎌倉中期の説話集。20巻。橘成季(たちばなのなりすえ)編。建長6年(1254)成立。平安中期から鎌倉初期までの日本の説話約700話を、神祇・釈教・政道など30編に分けて収める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古今著聞集【ここんちょもんじゅう】

鎌倉中期の説話集。20巻。橘成季(なりすえ)作。1254年成立。序跋(ばつ)をおき,神祇,釈教,政道忠臣,公事,文学,また博奕(ばくえき),偸盗や闘諍,興言利口(笑話)など30編に分かち,約700話の説話を分類配列した組織的構成をもつ説話集。
→関連項目春画説話文学体源抄橘成季鳴門中将物語人麻呂影供

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ここんちょもんじゅう【古今著聞集】

鎌倉時代の説話集。橘成季(たちばなのなりすえ)編。1254年(建長6)成立。20巻。序において,編者みずから本書を《宇治大納言物語》江談抄》を継承するものとして位置づけ,〈実録(正統の歴史)〉を補おうとする意気ごみを述べている。跋(ばつ)には,詩歌管絃の秀逸な説話を集めて絵にのこそうとしたものが発展して本書となった,と説かれる。貴族社会の逸話・奇異談697話を30編に分類し,各編の冒頭に編目の解説を付す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ここんちょもんじゅう【古今著聞集】

説話集。二〇巻。橘成季編。1254年成立。のち一部増補。神祇・釈教・政道・公事など三〇編に分かれた、「今昔物語集」に次ぐ大部の説話集。当時の社会や風俗を伝える話が多い。著聞集。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古今著聞集
ここんちょもんじゅう

鎌倉時代の説話集。20巻。橘成季(たちばなのなりすえ)編。1254年(建長6)成立。約700話の短章を、30編に分類して編集する。その編目は、神祇(じんぎ)、釈教、政道忠臣、公事、文学、和歌、管絃(かんげん)歌舞、能書、術道、孝行恩愛、好色、武勇、弓箭(きゅうせん)、馬芸、相撲強力(すまいごうりき)、画図、蹴鞠(しゅうきく)、博奕(ばくえき)、偸盗(ちゅうとう)、祝言、哀傷、遊覧、宿執、闘諍(とうじょう)、興言利口(きょうげんりこう)、恠異(かいい)、変化(へんげ)、飲食(おんじき)、草木、魚虫禽獣(きんじゅう)と多岐にわたり、収める説話も多彩。序文に、院政期の貴族説話集『宇治大納言(うじだいなごん)物語』(散逸)、『江談抄(ごうだんしょう)』を継承するものであると明言するとおり、中古の貴族社会とその周辺のできごとを話題の大半とし、王朝貴族社会とその文化に対する賛美や憧憬(しょうけい)のことばを随所に漏らしており、尚古思想を全体の基調としている。しかし一方で、笑話を集めた「興言利口篇(へん)」などには、著しく卑俗で猥雑(わいざつ)な「街談巷説(こうせつ)」の世界への傾斜が目だち、王朝文化の枠を踏み出した新しい中世的人間像を描き出している。[小島孝之]
『永積安明・島田勇雄校注『日本古典文学大系84 古今著聞集』(1966・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古今著聞集の関連キーワード宇治大納言物語橘成季たちばな阿倍橘娘位奈部橘王橘成員橘文成橘娘橘兼隆橘之中比売命

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古今著聞集の関連情報