コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎良し オロヨシ

デジタル大辞泉の解説

おろ‐よ・し【疎良し】

[形ク]
少しよい。
「―・し。少しよきをいふ」〈町人嚢・三〉
よくない。悪い。
「あんがい―・いことぬかいてよかばいものか」〈滑・膝栗毛・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おろよし【疎良し】

( 形ク )
〔「おろ」は不十分の意の接頭語〕
ちょっとよい。 「 - ・し、少しよきをいふ。おろかによしといふことにや/町人囊」
〔近世九州方言〕 あまりよくない。悪い。 「客どもに向ひて、あんがい-・いことぬかいてよかばいものか/滑稽本・膝栗毛 8

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報