コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少し/寡し スコシ

デジタル大辞泉の解説

すこし【少し/寡し】

[副]数量・程度などがわずかであるさま。ちょっと。「―休もう」「通常より―高い金額」「もう―で到着する」「―は改善された」
[用法]すこし・ちょっと――「この洋服は少し(ちょっと)大きすぎる」「少し(ちょっと)お待ちください」などでは相通じて用いられる。◇「少し」には、「少しの暇」「少しは理解できる」などのように名詞的な使い方もある。「ちょっと」は、ややくだけた言い方。◇「ちょっとした」の形で、ある水準・程度に達しているを表す使い方と、打消しを伴って「かんたんには…できない」の意を表す使い方は「少し」にはない。「ちょっとした財産」「ちょっと想像もつかない珍事」など。◇類似の語に「少々」がある。「少し」「ちょっと」に比べ文章語的であり、「少々のことでは驚かない」「牛肉を少々買い求めた」などとも使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すこし【少し】

( 副 )
程度がはなはだしくなく、また数量などが多くないさま。わずか。いくらか。ちょっと。 「水はまだ-ある」 「昨日より-寒い」 「もう-右だ」 「 -はできる」 「 -のしんぼう」 〔「すこ」は「すくない」の「すく」と同源。「し」は「しばし」「ただし」の「し」と同じ〕 → すこしきすこしく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

少し/寡しの関連キーワード損なこととは露知らず蚊の食う程にも思わぬ痛くも痒くもない一臂の力を貸す小腹を立てる甘干し・甘干消し炭色ぽつぽつ塵ばかり一溜まり寸善尺魔一日の長食い齧る俯き加減一歩譲る小馬鹿疎良し昼下り粗微塵少しも

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android