疾雷耳を掩うに及ばず(読み)シツライミミヲオオウニオヨバズ

デジタル大辞泉の解説

疾雷(しつらい)耳を掩(おお)うに及ばず

《「六韜」竜韜・軍勢から》急に雷が鳴って耳をおおういとまがない。事態が急激で、対処するいとまがないことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しつらいみみをおおうにおよばず【疾雷耳を掩うに及ばず】

〔六韜 竜韜、軍勢「疾雷不耳、迅雷不目」〕
事態が急激で、これに対応する処置をとるいとまもない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android