六韜(読み)リクトウ

大辞林 第三版の解説

りくとう【六韜】

中国の兵法書。六巻。文韜・武韜・竜韜・虎韜・豹韜・犬韜の六章より成る。太公望呂尚りよしようの著とされるが、魏晋ぎしん時代に成立したとみられる。「三略」と併称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りくとう リクタウ【六韜】

中国、兵法の書。周の太公望の撰とされ、「荘子‐徐無鬼」に「金版六」(「」は「とう」で「韜」に同じ)と見えるが、現存するものは偽作。文韜・武韜・龍韜・虎韜・豹韜・犬韜の六巻からなる。
義経記(室町中か)二「誠か御坊は異朝の書、将門が伝へし六韜兵法といふ文、天上より給はりて秘蔵して持ち給ふとな」 〔蜀志注‐先主備伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android