コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白け シラケ

デジタル大辞泉の解説

しらけ【白け】

興ざめなこと。また、何事にも関心・感動をもたないこと。「白けの時代」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらけ【白け】

何事にも無関心・無感動なこと。興ざめなこと。 「 -の世代」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白けの関連キーワード揭・京・係・傾・兄・刑・勁・卿・啓・圭・型・境・契・形・径・徑・恵・惠・慧・慶・憩・憬・掲・携・敬・景・桂・渓・溪・炯・珪・畦・痙・稽・競・系・経・經・継・繋・繫・繼・罫・脛・茎・荊・莖・蛍・螢・計・詣・警・軽・輕・閨・頃・頸・鶏・鷄色の白いは七難隠す御座が醒める座をさます興を醒ます京極夏彦ゆなゆな真っ白け荒れる開ける拗ける暁月夜白白開白世代骸骨

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白けの関連情報