コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何事 ナニゴト

デジタル大辞泉の解説

なに‐ごと【何事】

どのような事柄。どんなこと。「何事によらず命令に従う」「突然の銃声は何事か」
(多く「も」を伴って)あらゆること。万事。「何事も辞さない」「何事も運を天にまかせる」
(相手をとがめる気持ちで)どうしたこと。なんということ。「こんなことで弱音を吐くとは何事だ」
不定の事柄をさしていう語。なになに。
「―の式といふ事は、後嵯峨の御代までは言はざりけるを」〈徒然・一六九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにごと【何事】

どのような事柄。どんなこと。 「 -が起こったのか」 「精神一到-か成らざらん」
すべてのこと。万事。 「 -も辛抱が大事だ」 「 -によらず相談する」
どうしたこと。何ということ。とがめだてするときなどに用いる。 「その醜態は-だ」
不定の事柄をさす。なになに。 「 -の式といふ事は/徒然 169

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何事の関連キーワード人には添うて見よ馬には乗って見よ過ぎたるは猶及ばざるが如し儘にならぬが浮世の常芸は道によって賢し好事も無きに如かず町には事なかれ兵は神速を貴ぶニルアドミラリ命あっての物種品玉も種から額を合わせる我が世の春取付き身上乞食も場所有り付き顔虫を死なす永田愛瑠しれっと面起こし腹を割る

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何事の関連情報