何事(読み)ナニゴト

デジタル大辞泉の解説

なに‐ごと【何事】

どのような事柄。どんなこと。「何事によらず命令に従う」「突然の銃声は何事か」
(多く「も」を伴って)あらゆること。万事。「何事も辞さない」「何事も運を天にまかせる」
(相手をとがめる気持ちで)どうしたこと。なんということ。「こんなことで弱音を吐くとは何事だ」
不定の事柄をさしていう語。なになに。
「―の式といふ事は、後嵯峨の御代までは言はざりけるを」〈徒然・一六九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにごと【何事】

どのような事柄。どんなこと。 「 -が起こったのか」 「精神一到-か成らざらん」
すべてのこと。万事。 「 -も辛抱が大事だ」 「 -によらず相談する」
どうしたこと。何ということ。とがめだてするときなどに用いる。 「その醜態は-だ」
不定の事柄をさす。なになに。 「 -の式といふ事は/徒然 169

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なに‐ごと【何事】

〘名〙
① どのような事柄。どんなこと。
※万葉(8C後)一〇・二〇三六「吾が待ちし秋は来たりぬ妹と吾れと何事(なにごと)あれそ紐解かざらむ」
② (「も」を伴って) あらゆる事柄。万事。すべてのこと。
※伊勢物語(10C前)一一六「なにごともみなよくなりにけり」
③ 何としたことかと、とがめる意で用いる語。どうしたこと。いかなること。
※落窪(10C後)一「こはなに事ぞ」
④ 不定の事柄をさしていう語。何々。
※徒然草(1331頃)一六九「何事の式といふ事は、後嵯峨の御代までは言はざりけるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何事の関連情報