コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何事 ナニゴト

デジタル大辞泉の解説

なに‐ごと【何事】

どのような事柄。どんなこと。「何事によらず命令に従う」「突然の銃声は何事か」
(多く「も」を伴って)あらゆること。万事。「何事も辞さない」「何事も運を天にまかせる」
(相手をとがめる気持ちで)どうしたこと。なんということ。「こんなことで弱音を吐くとは何事だ」
不定の事柄をさしていう語。なになに。
「―の式といふ事は、後嵯峨の御代までは言はざりけるを」〈徒然・一六九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なにごと【何事】

どのような事柄。どんなこと。 「 -が起こったのか」 「精神一到-か成らざらん」
すべてのこと。万事。 「 -も辛抱が大事だ」 「 -によらず相談する」
どうしたこと。何ということ。とがめだてするときなどに用いる。 「その醜態は-だ」
不定の事柄をさす。なになに。 「 -の式といふ事は/徒然 169

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何事の関連キーワード過ぎたるは猶及ばざるが如し取り付き身上・取付き身上好きこそ物の上手なれ見る事は信ずる事なり儘にならぬが浮世の常芸は道によって賢し命あっての物種町には事なかれ兵は神速を貴ぶ額を合わせる品玉も種から虫を死なす有り付き顔我が世の春為せば成る取付き身上乞食も場所独立自尊平穏無事黄道吉日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何事の関連情報