白玉の木(読み)シラタマノキ

デジタル大辞泉の解説

しらたま‐の‐き【白玉の木】

ツツジ科の常緑小低木。高山に生え、高さ10~30センチ。葉は長楕円形で小さく、つやがある。7月ごろ、数個のつり鐘状の白い花が咲く。実は丸くて白い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android