コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳳丸 はくほうまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白鳳丸
はくほうまる

東京大学海洋研究所に所属する日本初の大型海洋研究船。 1967年三菱重工業下関造船所で完成,3225.54総t。航海速力 12.67ノット,観測用微速力 4.9ノット。 82人乗り組み。1万 5000m用観測ウインチなどのほか,各種の観測機器,作業艇なども備えている。 1990年に改造され,バイオ研究船 (→蒼玄丸 ) となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

白鳳丸の関連キーワードアールツーデイーフォーインターリッジ計画海洋研究観測船サプロぺル海洋観測船薩英戦争海洋観測泥火山

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白鳳丸の関連情報