コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼玄丸 そうげんまる

1件 の用語解説(蒼玄丸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒼玄丸
そうげんまる

日本初の海洋バイオ専用研究船。民間企業 24社が 1988年 12月に設立した「海洋バイオテクノロジー研究所」所有。東京大学海洋研究所の初代「白鳳丸」を改良したもので,振動の少ない状態で海洋微生物や藻類などの試料の観察,分析ができる低振動室や,採集試料の培養・冷凍保存ができるバイオ研究室など,六つの研究室が新しくつくられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒼玄丸の関連キーワードバイオ産学官民シートピアバイオベンチャー民間債かいれい日本原子力研究開発機構の量子ビーム応用研究部門海洋エネルギー実証実験場寄付研究部門コスモ・バイオ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone