コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百八炬火(読み)ヒャクハチタヒ

大辞林 第三版の解説

ひゃくはちたい【百八炬火】

精霊しようりようの送迎習俗の一。新盆の家あるいは村で共同で焚く盆火。一〇八個の松明たいまつを墓から家まで立てて燃やす。ひゃくはったい。万灯火まとび

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる