コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東日本 ヒガシニホン

大辞林 第三版の解説

ひがしにほん【東日本】

日本列島の東半分。地質学的には糸魚川静岡構造線より東の地域をいう。ひがしにっぽん。 ↔ 西日本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕東日本(ひがしにほん)


日本を東西に二分するさいの、東半部をいう総称。西日本に対する。中央部を中部日本・中央日本と称することもある。東西の境界は地形・地質・歴史・文化などの要素によって異なり、明確ではない。狭義に、関東(かんとう)地方とその周辺をさすこともある。代表的な東西境界として、フォッサマグナ(大地溝帯の糸魚川-静岡構造線)、愛発関(あらちのせき)・不破(ふわの)関などの古代の関所を含む敦賀(つるが)-桑名(くわな)地峡、日本海沿岸の親不知(おやしらず)から濃尾(のうび)平野西縁または浜名(はまな)湖に至る扇形の地域などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東日本の言及

【東国】より

…フォッサマグナを境とする日本列島の東半部と西半部とは,植生などの自然条件に大きな差異があり,旧石器時代からすでに文化の違いがみられた。縄文時代,それはさらに鮮明になり,狩猟,漁労,採集の条件に恵まれた東日本には成熟した採集・漁労民の社会が形成されるが,西日本には朝鮮半島南東部ともかかわりをもつ漁労民の文化など,人口は東日本に及ばないながら独自な文化を保持したといわれる。そして縄文晩期,西北九州に稲作の技術が伝播したのを契機に始まる弥生文化が西日本に急速に広がったのに対し,東日本がしばらく縄文文化にとどまったことは,この差異をさらに著しいものにした。…

※「東日本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東日本の関連キーワードホテルメトロポリタンエドモント日清のどん兵衛 きつねうどん日清のどん兵衛 カレーうどん日清のどん兵衛 天ぷらそば災害廃棄物処理特別措置法清里中央オートキャンプ場ベックスコーヒーショップ新幹線トレインジャーきたかんつなガールズ大人の休日倶楽部パスそば・うどん あずみ米澤牛焼肉重松川辨當銚子市場の鮪カツ丼白い力もちうどん信州ワンデーパスNEXCO東日本東北関東大震災NEWDAYSフォッサマグナ紺のきつねそば

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東日本の関連情報