コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目塞き笠 メセキガサ

大辞林 第三版の解説

めせきがさ【目塞き笠】

江戸時代、藺または竹の皮で編んだ目の細かい深い編み笠。遊里通いなどに用いた。めせき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目塞き笠の関連キーワード江戸時代目塞き