コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目隠し メカクシ

2件 の用語解説(目隠しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

め‐かくし【目隠し】

[名](スル)
布などで目を覆って見えないようにすること。また、その覆うもの。「目隠ししてスイカ割りをする」
家の内部が外から見えないように覆い隠すこと。また、その覆い。はたいた。
目隠し鬼」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めかくし【目隠し】

( 名 ) スル
目を物でおおって見えないようにすること。また、そのおおい。
家の中が外から見えないようにおおいをすること。また、そのおおい。 「 -に木を植える」
「目隠し葺き」の略。まがくし。
「目隠し鬼」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の目隠しの言及

【盲人】より

…この伝統は中世にまで引き継がれ,大道芸人には盲人が相当数加わっていた。正義の女神ユスティティアJustitia像が目隠ししているのも,曇りある目でなく心眼により公正な審判を下すことの寓意である。 他方,盲目は無知や無鉄砲,また正道を踏み迷うことの象徴でもあった。…

※「目隠し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目隠しの関連情報