コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目隠し鬼 めかくしおに

3件 の用語解説(目隠し鬼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目隠し鬼
めかくしおに

古くから世界各国で行われている子供の遊戯の一種。鬼になる子供は目隠しをして,手をたたいて逃げ回る子供をつかまえる遊び。京阪ではめんない千鳥,江戸では目隠しといった。日本では猿楽の雑芸の一種であったものが,室町時代になって子供の遊びになったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

めかくし‐おに【目隠し鬼】

手ぬぐいなどで目隠しをした鬼が、逃げ回る者たちを手探り捕まえる鬼ごっこの一。逃げる者たちは「鬼さんこちら、手の鳴る方へ」などとはやす。めんない千鳥。目無し児(ちご)。目無し鬼

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めかくしおに【目隠し鬼】

子供の遊戯の一。目隠しされた鬼が、「鬼さんこちら、手の鳴る方へ」と手をたたきながら逃げる者をつかまえる遊び。目隠し。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の目隠し鬼の言及

【鬼ごっこ】より

…(5)目隠し型 鬼は目隠しをして子を追跡し捕らえる法。いわゆる〈目隠し鬼〉で,江戸後期は〈めなしどち〉〈めんないちどり〉などとも呼んでいた。(6)子捕ろ型 〈子捕ろ子捕ろ〉の項参照。…

※「目隠し鬼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目隠し鬼の関連情報