コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相続争い ソウゾクアラソイ

デジタル大辞泉の解説

そうぞく‐あらそい〔サウゾク‐〕【相続争い】

財産などの相続人を決めるために、親族どうしでいさかいになること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

相続争いの関連キーワードホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann)ルートウィヒ(2世)(東フランク国王)常磐津文字太夫(2代)ルートウィヒ[2世]常磐津兼太夫(2代)望月太左衛門(7世)フィリップ[2世]元(中国の王朝)岸沢式佐(5代)応仁・文明の乱ユーヌス・ハン芦屋道満大内鑑ハプスブルク家ルイ(1世)榎本弥左衛門マラータ王国桓公[斉]後三年の役ボイアルド十六夜日記

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相続争いの関連情報