コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相舞/合舞 アイマイ

デジタル大辞泉の解説

あい‐まい〔あひまひ〕【相舞/合舞】

能・狂言で、二人以上が同じ型で一緒に舞うこと。連れ舞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の相舞/合舞の言及

【曲舞】より

…前期の曲舞はやや長い叙事的な内容の歌謡を,鼓に合わせてリズミカルに歌い,それに足拍子など簡単な所作の舞が伴ったらしい。一人舞が基本だが,二人舞(相舞(あいまい)ともいう)のこともあり,男は直垂(ひたたれ)・大口(おおくち)姿,稚児(ちご)や女は立烏帽子(たてえぼし)に水干(すいかん)・大口姿の男装で演じ,芸とともにその容色などもよろこばれた。京都,奈良などの声聞師の中にこれをよくするものが現れ,祇園御霊会の舞車の上や勧進の場で演じられ,宮中や貴族邸にも招かれて演じられた。…

※「相舞/合舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相舞/合舞の関連キーワード嵐山(能)小袖曽我大和万歳一角仙人鍋八撥連獅子立合曲舞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android