コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真世がなし マユンガナシ

デジタル大辞泉の解説

まゆん‐がなし【真世がなし】

《沖縄方言で、豊作・幸運のの意》沖縄県石垣島の川平(かびら)で、陰暦9月の節祭りに来訪する神。青年たちが覆面をし、(みの)・笠(かさ)をつけてこの神に仮装し、家々を回る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android