コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真金吹く マガネフク

デジタル大辞泉の解説

まがね‐ふく【真金吹く】

[枕]鉄鉱を鋳て吹き分ける意から、鉄の産地であった「吉備(きび)」「丹生(にふ)」にかかる。
「―丹生のま朱(そほ)の色に出て言はなくのみそ我(あ)が恋ふらくは」〈・三五六〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まがねふく【真金吹く】

( 枕詞 )
鉄を精錬する意から、鉄の産地である、地名「丹生にう」「吉備きび」にかかる。 「 -丹生のま朱そほの色に出て/万葉集 3560

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真金吹くの関連キーワード鉄鉱