丹生(読み)にう

日本大百科全書(ニッポニカ)「丹生」の解説

丹生
にう

「にゅう」とも。三重県多気(たき)郡多気町の一地区(旧勢和(せいわ)村の中心集落)。旧丹生(にゅう)村。飛鳥(あすか)時代から水銀の産地として知られ(『続日本紀(しょくにほんぎ)』)、江戸期まで続いた。仏像のめっき、建造物の朱塗りに使われ、1195年(建久6)の東大寺再建に丹生(にう)水銀2万両が納されている(『東大寺造立供養記』)。江戸時代には伊勢白粉(いせおしろい)の原料として松坂商人を育てた。神宮寺に当時の採掘用具などが保存されている。

[伊藤達雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丹生の言及

【水銀】より

…水銀はこの朱砂の鉱脈の表面から汗状に吹き出した自然水銀として得られるほか,朱砂を熱して水銀を気化させて得る方法がある。また奈良の大仏には金めっきするために大量の水銀アマルガムが消費されたが,〈真金吹く丹生のまそほの色に出て……〉という《万葉集》巻十四の東歌もこのめっき法をうたったものとされている。 水銀は適量を用いれば新陳代謝を促す作用をもつため,中国では丹砂から作った丹薬は不老長寿の薬として道士の秘術とされたが,一方で永遠の生命を得るべくこの延命の薬をのみすぎて死亡した皇帝や貴族も多かったらしい。…

※「丹生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android